財団法人 箕面市障害者事業団 会員の募集 リンク集 サイトマップ 文字を大きく
トップページ 障害者事業団って何? 事業団のお店をご利用下さい!! 雇用支援センター
豊能北障害者就業・生活支援センター 障害のあるかたへ 障害のあるかたへの就労支援に関心があるかたへ
支援事例 情報公開に向けた取り組み 事業団の発行物 アクセスマップ

出勤時の支援
休みがちな方への簡単なサポート
朝、仕事に入る時の気持ちの切り替え
朝が苦手で遅刻してしまう場合
仕事中の支援
繰り返し伝えること、できたことを評価することは、やっぱり大切
皆で声かけを行う繰り返しサポートの有効性
視力検査が困難な知的障害のある人の視力が低下した場合の予見について
てんかん発作の誘発因子となっていた「不安感」を軽減する
自分の目で実際に確認してもらう
喫茶店での食器洗いでのヒント
本人が理解し易い方法を見つける
ひとり現場に近い環境での作業進捗管理A
ひとり現場に近い環境での作業進捗管理
初めての実習【主に時間の自己管理について】
できることをしっかりと評価することで・・・
先入観に囚われず個々の能力を引き出す支援
働く体験を積み重ねる
発達障害があり精神障害の診断がある方のステップアップの工夫
Aさんが行ったピアサポート
出来ること、難しいことを把握・工夫して役割分担
ほんの少しの工夫で
仕事の気持ちと職場環境
仕事の幅を広げるための工夫(スタッフみんなで考えた)
出来ることを生かすための作業内容の変更(加齢に伴う課題の解決)
職場での受け入れ体制と支援者の思い込み
自信と安心を持って仕事をしてもらうために
支援者が陥りやすい思い込み(本人の「こだわり」に目が行くあまり…)
繰り返しの重要性
集中力の持続のための工夫(興味を持ってもらうことをきっかけに)
植付けだけでなく、除草にも「こだわり」をもってもらおう
知的障害者の総務課勤務での工夫その2
作業の指示をうまく理解してもらうために
障害のある人との「コミュニケーション」あれこれ
うまく作業に入れない場合
仕事を進めてもらうための工夫
やる気が低下した場合の対応
慣れてくると仕事が雑になってくる。そんなときは?
少しのサポートでこんなことが出来た
自閉症の方への作業指示あれこれ
仕事を持続して行うための工夫
「字を覚えたい」欲求から、仕事の幅が広がった例
言葉がしゃべれないけど、お客さんの注文を聞きたい
作業の時間配分の工夫
少しのサポートで作業に参加できた
チャレンジする意欲を引き出すために
手順書を確認するために
休憩中の支援
時間を守る
休憩時間での他の職員との関わりについて
休憩時間が終わっても戻ってこない職員への支援
作業環境の工夫
特別な道具はなくても 新着
コスト意識から生まれる「遠慮する気持ち」を転換してもらうための工夫
作業道具の工夫
救急時の対応などで用意できるもの
毎日継続して出勤するための支援について
清掃用具入れ(ビルメンカート)の工夫
発達障害があり精神障害の診断がある方への環境設定の工夫
知的障害者の総務課勤務での工夫A
知的障害者の総務課勤務での工夫
精神障害のある方の不安を取り除き、少しずつ時間を延ばして働ける様になるために
清掃の仕事をするための作業道具についての工夫
作業環境の整理
紙を半分折りするのが苦手な場合の工夫
電動椅子に乗って喫茶店のホール係
余暇
ほんの少しの余暇支援が、仕事の安定に
稼いだ給料で、おごってあげる喜び
健康・安全衛生
腰痛予防のための作業前のストレッチ運動の効果 新着
仕事中の行動から障害者の健康について考える(医療的な支援について) 新着
情報提供
情報提供の方法いろいろ 新着
(c)一般財団法人箕面市障害者事業団 All rights reserved.