財団法人 箕面市障害者事業団 会員の募集 リンク集 サイトマップ 文字を大きく
トップページ 障害者事業団って何? 事業団のお店をご利用下さい!! 雇用支援センター
豊能北障害者就業・生活支援センター 障害のあるかたへ 障害のあるかたへの就労支援に関心があるかたへ
支援事例 情報公開に向けた取り組み 事業団の発行物 アクセスマップ
情報公開に向けた取り組み

平成23年度(2011年度)財団法人箕面市障害者事業団事業計画

 平成2年度(1990年度)に設立された当事業団は、障害者市民の職種開拓・職域拡大、相談、障害者市民の働く体験の場としての実習受け入れ、これに伴う調査・研究、広報・啓発や助成事業等に取り組んできた。また、平成8年度(1996年度)以降は、「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく障害者雇用支援センター運営事業、平成15年度(2003年度)からは職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業、平成20年度(2008年度)からは「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく豊能北障害者就業・生活支援センターの運営事業、平成21年度(2009年度)においては「障害者雇用支援センター」を「障害者自立支援法」に基づく就労移行支援事業へ制度移行、と就労支援に関する各事業を行ってまいったものである。これらの事業を通じて障害者市民の働く場の創出と就労の継続の支援を行うことで、不特定多数の障害者市民の利益の実現を目的とする事業を積極的に推進してきたところである。
 現在、事業団は公益法人制度改革による移行期間中の特例民法法人という位置づけであるが、平成23年度中に一般財団法人への移行認可申請をすべく、引き続き情報収集を行うとともに、関係機関からのご意見をいただきながら準備を行うものである。なお、一般財団法人に移行した場合においても、これまで行ってきた公益的な取り組みを法人形態の違いによって改廃するものではなく、かつ税法上の「非営利型法人」となる条件を整備するなど、障害者の働く場の拡大と就労支援に向けた公益性は何ら揺らぐものではない。設立当初の目的である「地域社会におけるノーマライゼーションの推進」に一層寄与できるよう、今後もたゆまぬ経営努力と事業推進に全力で取り組んでいく所存であり、引き続き箕面市議会、箕面市を始めとする関係機関、団体の変わらぬご支援ご協力をお願いするものである。
 なお、政府においては、国の障害者制度を抜本的に見直すべく、「障害者自立支援法」後に、新たに「障がい者総合福祉法(仮称)」を制定すべく検討が進められている。「障がい者制度改革推進会議・総合福祉部会」構成員である箕面市長とともに、本市で先行的に実施している「社会的雇用(一般就労と福祉的就労の間の第三の道)」について、実証済みの効果を説明し、国制度の創設に向けたモデル事業の提案をしているが、今後も積極的に取り組んでいきたい。

T 基本計画

  1. 障害者市民の雇用促進を図るため、相談支援及び調査研究を行う。
  2. 障害者市民の職域拡大を図るため、職種開拓(パイロット)事業及び育成事業を行う。
  3. 障害者市民の職域拡大を図るため、必要な助成を行う。
  4. 障害者市民の就労の場の確保及び実習を通した職域拡大を図るため、受託事業を行う。
  5. 障害者問題及び基本的人権に対する市民意識の高揚を図るため、啓発事業を行う。
  6. 障害者市民の雇用促進を図るため、一般就労へ向けたトレーニングの場を設け就労支援を実施するとともに、大阪障害者職業センターと連携した職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業を行う。
  7. 障害者市民の就労の場の確保と目的達成に必要な財源を確保するため、収益事業を行う。
  8. 障害者就業・生活支援センター運営事業を行う。
  9. 障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業である就労移行支援事業を行う。

U 実施計画
1.障害者市民の雇用促進を図るため、次の事業を行う。
(1)相談支援
 毎月2回、第2・4金曜日午後、「障害者市民何でも相談事業」を実施する。就労問題に限らず、幅広く相談を実施し、               情報提供等を行う。事業団事業での職場実習事業の利用申込の窓口のみならず、就業・生活支援センターや就労移行支援事業へつなぐ初期相談としても位置づけるものとする。
 さらに、障害者雇用相談事業の豊能町からの委託に基づき、年間9回、職員が相談員として豊能町内に出向き、当該町内の障害者町民ならびにその家族等に対して、事業団活動での実践に基づいた相談支援を行うものとする。
 また、事業団として雇用している障害者職員への相談・支援については、引き続き職場適応援助者(2号ジョブコーチ)制度を活用し取り組む。

(2)調査研究
 受託事業現場等において、職員の就労や、施設・作業所・学校の在籍者並びに離職後在宅の障害者の職場体験実習を通した作業援助、作業環境の工夫等の実践をベースにした調査研究を引き続き進めるとともに、事業団の内部組織で市内障害者団体関係者等から選出された委員で構成される自主事業運営委員会(隔月開催)での第三者評価も含め議論する。その際、WHO(世界保健機関)が平成13年度(2001年度)に採択したICF(国際生活機能分類)の考え方も踏まえつつ、障害者市民が実習での作業を遂行するためにどのような環境因子(物理的、人的等)が有効であるのかを検証し、明らかにしていく。その内容は市民への啓発だけでなく、一般企業での重度障害者の雇用促進に役立てるものとなることを目的とした、調査研究報告を事業団ホームページ上に掲載し、引き続き実践事例の蓄積及び情報発信を行っていくものとする。
 また、箕面市からの委託による取り組みとして、市内障害者作業所の経営分析等を専門業者との連携で行うものとする。

2.障害者市民の職種開拓及び職域拡大を図るため、次の事業を行う。
(1)職種開拓・職域拡大のためのパイロット事業
ア.ビルメンテナンス事業
 箕面市立リサイクルセンター内での清掃業務を行う。障害者市民の実習の場とするとともに、同センター利用者等に対する障害者市民の就労支援の啓発につなげていく。

イ.アートショップ「グリーンるうぷ」運営事業
 箕面市立総合保健福祉センター(ライフプラザ)内で、障害者とアートに関連した品目を取り扱う職種開拓事業としてアートショップ「グリーンるうぷ」の運営を行う。さらに、この場を精神障害者社会生活適応訓練事業としても活用し、精神障害者の就労問題に特化して取り組む。また重度身体障害者職員が支援スタッフとともに、店舗運営に当たることとする。

ウ.「箕面中央朝市inかやの広場」運営事業
 箕面市より地産地消推進事業を受託し、「箕面中央朝市inかやの広場」の運営を通じ、市内農家等との協力関係を築くとともに、障害者の農業分野における職域拡大の可能性を探るべく取り組む。また、事業団が実施する障害者自立支援法に基づく就労移行支援事業(箕面市障害者雇用支援センター)の一環として、就職をめざす訓練生に対する実践的な就労トレーニングの場としても活用する。

エ.箕面市の取り組む「ゆずともみじの里 みのお」づくりへの参画
箕面商工会議所が事務局となり「ゆずともみじの里・プロジェクト会議」を発足させ、箕面市・商工会議所・農協・NPOなどの関係団体が連携して、箕面産「柚子(ゆず)」を用いた新商品の開発や販路の開拓などのプロモーションを展開しているが、市内障害者関係団体の窓口として事業団もここに参画する。また障害者が関わることが可能な作業の創出等についても事業団自らも情報収集に当たり、引き続き検討する。

オ.その他のパイロット事業
パイロット事業は、本来、事業団の理念そのものといえる事業であり、上記に掲げた取り組み以外にも、新たなパイロット事業を起こすことも想定され、その際は柔軟に随時取り組むものとする。

(2)職種開拓・職域拡大のための育成事業
 本事業は、事業団だけでは重度障害者市民の職種開拓・職域拡大が困難なことから、市内民間障害者市民団体と連携して行うものであり、引き続き実施していく。具体的には要綱に基づき、必要に応じて助成金の支給等を行うものである。

3.障害者市民の職域拡大を図るため、次の助成事業を行う。
(1)障害者雇用助成事業
 障害者市民の職域拡大を図るため、職業的重度障害者市民の雇用を目的に設立された障害者事業所に対して、助成を行う。

4.障害者市民の就労の場の確保及び職域拡大を図るため、次の受託事業を行う。
(1)緑化推進事業
ア.箕面市都市公園花壇管理等事業
 箕面市内約70箇所の公園花壇、街路樹枡や設置プランターの植え替え、除草及び灌水を実施する。併せて障害者市民の実習の場とする。
イ.公共施設内緑化推進事業
 公共施設敷地内の屋外清掃、樹木管理、花壇管理、観葉植物設置業務などの植栽緑化管理業務を行う。併せて障害者市民の実習の場とする。
ウ.その他の緑化推進事業
 市内の民間企業や市民から委託を受け、観葉植物の設置(リース等)を行う。

(2)リサイクル事業  箕面市立リサイクルセンターにおける、資源ごみ選別作業を受託し、資源ごみのうち空き缶についてはアルミ缶と鉄缶に、空きびんについては色別(白・茶・その他の3色)に選別する。併せて障害者市民の実習の場とする。

5.障害者問題及び基本的人権に対する市民意識の高揚を図るため、次の事業を行う。
(1)障害者問題啓発事業
 広く市民を対象にした障害者問題啓発事業を箕面市から受託し、障害者問題の啓発を行う。

(2)ホームページによる情報発信
 事業団活動を広く紹介し、障害者問題について啓発する媒体として、ホームページの更新を適宜行う。特に、「支援事例」では、障害者が働く場での物理的・人的な環境設定が、障害者の作業や意欲にいかに大きな影響を与えるかについて、事業団での仕事や実習の事例を通じて発表することにより、広く社会に重度障害者の就労の可能性について情報発信していく。また、公益法人として求められる情報公開を行う媒体としても積極的に位置づける。

(3)機関誌「障害者事業団だより」の発行
 事業団の現在の活動内容をわかりやすくまとめた機関誌を年2回発行し、啓発及び賛助の輪をひろげるために広く頒布をおこなう。併せて、事業団での取り組みを様々な角度の切り口から論文としたものを掲載する機関誌(特別号)を、賛助会員向けに発行する。

(4)ビデオを活用した啓発
 事業団が製作した障害者問題啓発ビデオ「みのおの街、車イス大冒険」「みのおの街、こころの旅人たち」を活用した啓発活動を行う。具体には、大阪弁護士会の依頼を受けて行なう司法修習生の社会修習の際等に活用するとともに、頒布も行う。

6.障害者市民の就労支援を図るための事業団独自の就労支援事業の円滑な運営に努めるとともに池田公共職業安定所等関係機関との連携を図りながら次の事業を行う。
(1)就労支援事業
「喫茶るうぷメイプルホール店」での接客業務等を事業団が実施する障害者自立支援法に基づく就労移行支援事業
(箕面市障害者雇用支援センター)における「施設外支援」の一環として位置づけ、就職を目指す障害者市民に対する実践的な就労トレーニングを行う。また、接客業務を通じた市民との接点を通して、企業就労を目指す就労支援の取り組みを啓発していくものとする。

(2)職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づく職場適応援助者(ジョブコーチ)助成金を活用し、大阪障害者職業センターとの連携により支援を実施する。具体的には、企業で働く障害者市民の職場定着支援と事業主や同僚、家族への支援を行うものである。
 なお、就労支援の技術や方法論については、大阪障害者職業センターからの指示を受けるとともに、同じく障害者市民の就労支援を実施する障害者就業・生活支援センター、就労移行支援事業担当職員とも、相互に連携を図るものとする。

7.障害者市民の就労の場の確保と、事業団の目的を達成するために必要な財源を確保するため、次の収益事業を行う。
(1)喫茶店運営事業
 箕面市立総合保健福祉センター(ライフプラザ)内で喫茶るうぷの通年運営を行い、障害者市民の就労の場とするとともに、併せて実習の場とする。
 喫茶関連の商品であるコーヒー豆等の販売については引き続き喫茶店運営事業での取り扱いとする。また、期間限定メニューの設定や、宣伝活動の強化などにより、集客につなげるものとする。

(2)物品販売事業
 ア.自動販売機設置管理事業
   箕面市の公共施設等における自動販売機の設置及び管理を行う。
 イ.その他の物品販売事業
   物品販売が主体となる企画運営については収益事業として行い、障害者問題の啓発事業としての企画運営とは区別して実施する。

8.障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく、障害者就業・生活支援センター事業(名称:豊能北障害者就業・生活支援センター)の運営を行い、次の業務を行う。
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、箕面市・池田市・豊能町・能勢町の求職中もしくは離職のおそれのある在職中の障害者市町民の職業安定へ向け、企業での就職や職場での定着に向けた就業面の支援(雇用安定等事業)と、生活習慣の形成や日常生活の管理など、就業に伴う日常生活、社会生活上の支援(生活支援等事業)を障害者市町民の身近な地域で一体的に実施し、職業生活における自立に向けた支援を行うため、下記の業務を実施する。
 運営にあたっては、公共職業安定所、大阪障害者職業センター等の関係諸機関との協力をさらに深めていくとともに、地域の福祉関係機関との積極的な連携を図る。
当事業団においては、障害者の雇用の促進等に関する法律の改正を受けて、事業団が実施する障害者自立支援法に基づく就労移行支援事業(箕面市障害者雇用支援センター)、「職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業」とも連携し、公益性の高い取り組みとして事業団総体で地域の障害者市町民の就労を促進できるよう努めるものとする。

(1)職業生活における自立を図るために支援を必要とする求職中、もしくは離職のおそれのある障害者市町民からの相談、その就業及びこれらに伴う日常生活上の課題についての必要な指導及び助言その他支援
(2)支援対象障害者に対して就労移行支援事業が実施する職業準備訓練の利用及び一般企業における職業実習を行うことについてのあっせん
(3)事業主に対して支援対象障害者の雇用管理に係る助言その他支援
(4)障害者雇用支援者に関する情報収集及び提供、障害者雇用支援者に対して、支援を適切に行うために必要な知識及び技能を修得させるための研修
(5)前各項目の業務を円滑に実施し、個々の支援対象者に総合的な支援を提供するための公共職業安定所、障害者職業センター、社会福祉施設、医療施設、特別支援学校等の関係機関との連携の確保

9.障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業である就労移行支援事業(名称:箕面市障害者雇用支援センター)を行い、次の業務を行う。
「障害者自立支援法」に基づき、単独で就労することが困難であると考えられる65歳未満の障害者市民を対象に、原則2年以内の期間での関わりを通じて職業の安定に向け、職業生活における自立に必要な支援を行うために下記の業務を実施する。
運営にあたっては、池田公共職業安定所、大阪障害者職業センター等の関係諸機関との協力関係を深めるとともに、大阪府知事の指定を受けて事業団が運営する障害者就業・生活支援センター、「職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援事業」とも緊密に連携し、より多くの障害者市民の就労が実現できるように取り組むものとする。

(1)生産活動、職場体験その他の活動の機会の提供
(2)就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練機会の提供
(3)求職活動に関する支援
(4)支援対象障害者の適性に応じた職場の開拓
(5)就職後における職場への定着のために必要な相談及び支援
(6)その他、支援対象障害者の職業生活における自立を図るために必要な業務


  戻る 

(c)一般財団法人箕面市障害者事業団 All rights reserved.